アドバイス

短時間で稼げる東京の風俗でのお仕事は最高の働き方?

2018年7月5日

顔を近づけ合う男女

働く時間を短くすることが世の中では叫ばれています。

「こんなに長く働いたって能率が落ちるだけだから、もっとコンパクトにまとめて仕事を楽にしよう」というのが多くの人の考え方です。

しかし風俗のように、時間を短くして効率を上げたところで意味のない業種だってあります。

効率を上げればあげるほどお客様の満足は減少する

ついつい仕事の効率を上げることが、私たちにとって最善の策のように思えますが決してそんなことはありません。なぜなら風俗のお店で効率を上げればあげるほど、お客様の満足は減少するからです。

せっかく高いお金を支払ったというにもかかわらず、機械的にお相手をされたらお客様は不満足に陥ります。求人に書かれているような高い報酬も望めないでしょう。

長く働くほど接客できる人数が増える

適度なところで切り上げる技術は必要ですが、それでも一人一人のお客様へしっかりと対応することが求められます。また長い時間働けば働くほど、接客できる人数も当然多くなるでしょう。

接客すれば接客する分だけ報酬が増えますから、なにも短時間で働くことばかりにメリットがあるわけではないのです。

自ずと受け取ることが出来る報酬の額も多くなる

長い時間働けば、仕事をする量が増えるわけですから自ずと受け取ることが出来る報酬の額も多くなります。求人に書かれている報酬の最高額などは、やはりそれなりに働いている人の例が記載されているものです。

仕事をせずしてたくさんのお金をもらうと言うことは、どこの業界でも難しいのですね。

身体に無理が生じない程度に働こう

ただ身体を壊してしまっては意味がありません。無理をしない程度に、適度なペースで働いてみてはいかがでしょうか。

You Might Also Like